家事代行どっとこむ【徹底比較】

家事代行・家政婦に関するニュース最新情報をまとめた情報ポータルサイト

ニュース

東京都全域で外国人の家事代行が解禁

8月31日の国家戦略特区の区域会議で、小池百合子都知事は家事支援外国人受入事業の実施を公表しました。

対象は東京都全域で、今年の11月を目処に実施する事を明記しております。

女性の活躍推進・家事支援ニーズへ対応

中高所得層の共働きの世帯や在留外国人の利用を見込み、特に女性の活躍推進を引き出すことを目標に掲げている。

神奈川県や大阪府と同様に、特区では1年以上の家事支援の経験があることを条件にした出入国管理法の特例として受入を認める予定です。東京都では名言されなかったが、他の特区ではN4以上の日本語能力を有することを条件し、賃金も日本人と同等程度の設定が必要になるなど、解禁に対する条件は一律になる可能性が高い。

外資系金融機関に優遇措置を求める

小池知事はアジアの金融拠点を取り戻す意図から、外資系金融機関の外国人を対象として、親や家事使用人の帯同を認める優遇措置を求めました。これは今年6月に閣議決定された日本再興戦略2016における重点項目に従った結果となった。

国家戦略特区の新たな目標

国家戦略特区は民間の創意工夫を発揮する上で障害となってきているにもかかわらず長年にわたり改革ができていないような、いわゆる「岩盤規制」の突破口として存在する。

《特区の重点事項》
・幅広い分野における「外国人材」の受入れ推進
・公共施設等運営権方式の活用等による「インバウンド」の推進
・幅広い分野における「シェアリングエコノミー」の推進
・幅広い分野における事業主体間の「イコールフッティング」の実現
・特にグローバル・新規企業における「多様な働き方」の推進
・地域創生に寄与する「第一次産業」や「観光」分野等の改革
  ※国家戦略特別区域会議資料から抜粋

-ニュース