家事代行どっとこむ【徹底比較】

家事代行・家政婦に関するニュース最新情報をまとめた情報ポータルサイト

ニュース 統計調査

カジアルの意識調査で見えてくる家事代行サービス

株式会社リクルートスタッフィングが運用するcasial(カジアル)は、子持ちの男女に対して意識調査を実施しました。また、同年3月にも同様に意識調査を実施しており、家事に対する価値観を表現しています。

flow4

要約

①女性の得意な家事は「洗濯(46.9%)」「皿洗い(43.0%)」苦手は「掃除(37.8%)」「アイロン掛け(37.4%)」複数回答
※引用:思わず納得!?働くママが得意な家事&苦手な家事1位は◯◯!

②働く女性が負担に感じる家事は「掃除(72.3%)」「炊事(57.3%)」「洗濯(41.0%)」複数回答
※引用:ママが負担に思っている家事は、「掃除」!!

③家事代行サービスで利用したい家事は「掃除(60.4%)」「料理(40.8%)」「アイロン掛け(31.9%)」複数回答
※引用:思わず納得!?働くママが得意な家事&苦手な家事1位は◯◯!

④家事代行サービスを利用による気持ちや生活の変化
「家でリラックスして過ごせるようになった(53.0%)」
「夫婦や家族との口論や喧嘩が減った(23.0%)」
「子どもと遊ぶ時間が増えた(23.0%)」
「家事や育児に対して余裕を持って向き合えるようになった(23.0%)」
※引用:ママが負担に思っている家事は、「掃除」!!

⑤1回2時間から始められる家事代行サービス「casial.(カジアル)」

第一回調査概要

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ
調査地域:全国
調査期間:2016 年 2 月 29 日(火)~2016 年 3 月 3 日(木)
調査対象:20代~50代の就業中の女性444名
調査主体:株式会社社リクルートスタッフィング

第二回調査概要

【調査概要】

調査方法  :インターネットリサーチ
調査地域  :全国
調査期間  :2016年9月30日(金)~2016年10月2日(日)
対象者     :子持ちの共働き世帯の既婚男性・女性、子持ちの専業主婦
有効回答数:400名
(内訳)共働きママ:200名(家事代行利用者:100名、非利用者100名
専業ママ :100名(専業主婦、家事代行非利用者)
共働きパパ:100名

※家事代行は、掃除、洗濯、整理整頓等(育児代行を除)を利用している人

働く女性の「自由な時間」の確保は家事代行が最適

調査項目の中で、働く女性の約8割が自分のために充てる時間が2時間未満であることがわかりました。平日は仕事と育児で忙しく、さらに家事が負担になっていることが伺えます。休日においても約6割の方が2時間未満という結果でした。

一方、家事代行サービスを利用した方へのアンケートとして、多く回答されたのが時間と心の余裕を得ていることが分かりました。日々忙しい生活を続ける中で、一呼吸置き、生活を見つめ直す時間を確保する事が重要になってくるのかもしれません。

子持ちの共働きママの立場で、責任ある仕事に就いているのであれば、負担を減らす最善手は家事代行サービスと言っても良いのでは無いでしょうか。

◼家事代行サービスを利用による気持ちや生活の変化は?
「家でリラックスして過ごせるようになった(53.0%)」
「夫婦や家族との口論や喧嘩が減った(23.0%)」
「子どもと遊ぶ時間が増えた(23.0%)」
「家事や育児に対して余裕を持って向き合えるようになった(23.0%)」
※引用:ママが負担に思っている家事は、「掃除」!!

カジアルの家事代行サービスについて

家事代行どっとこむでは、主要な家事代行サービスを口コミを基に評価しています。

カジアル

家事代行の利用率は人口比率で2%という低い数値です。まだまだ一部の方が利用するイメージですが、近年の共働き世帯の増加に伴い需要は高まっています。ご自身にあった家事代行サービスを見つけてみてはいかがでしょうか。

 

-ニュース, 統計調査