家事代行どっとこむ【徹底比較】

家事代行・家政婦に関するニュース最新情報をまとめた情報ポータルサイト

家事コラム

  • computer10_businesswoman
    Contents1 筆者の自己紹介2 子育ての傍らで副業(二足のわらじを履くよう ...
  • hahako_boy
    Contents1 家事コラムについて2 筆者プロフィール紹介3 保育園入園!我 ...
  • aroma_essential_oil
    Contents1 家事コラムとは2 嫌いな掃除を少しでも好きになるように3 筆 ...
  • houki_woman (1)
    Contents1 家事コラムとは2 筆者プロフィール紹介3 掃除嫌いにこそ試し ...
  • hahako_boy
    Contents1 子どもが苦手だから至った私の子育て方針2 1日も早く言葉で意 ...
  • flag_couple
    Contents1 筆者プロフィール紹介2 恋人のような関係?3 感謝の気持ちを ...
  • computer08_obasan
    私は30代で結婚し、出産、社会復帰を経験した美容健康オタクです。 子どもの事を考えて食事へのこだわりは人一倍ですが、それと同じくらい掃除・洗濯にも力を入れています。風水のために部屋の配置を考えなければいけないし、厄除けグッズにホコリが溜まってたら困りますよね。
  • kusuguru_baby
    結婚後は念願の専業主婦となった私でしたが、主婦業は大変な労働でした。 1つ1つの仕事は特別難しくはないものの、種々雑多な事を時間を見ながら先を読んで段取り良くこなさなければならない。たとえ難しくても1つの事に熱中できる方がどれだけ楽かと思ったほどです。 そんな中、子どもを授かった訳ですが、幸せの一方で私の頭をよぎったのが、「赤ちゃんの世話って大変!」
  • 画像9
    毎日、家族のお弁当を作っている方は、モチベーションをどう保たれているのでしょうか。朝イチバンに昼食(もしくは夕食)作りをするって、よく考えたら変ですよね! 朝早く起きるのもつらいですし・・・。 わたしは、弁当作りの「スピード」を極めることで、モチベーションを保つことに成功していますよ。 今回は、そんな弁当作りの時短テクをご紹介します。
  • couple_baby_dakko (1)
    改めて、私は結婚を機にドイツで生活をしています。生活を始めた当初は家事代行をお願いすることなど頭になかったのですが、私の周りで家事代行をお願いしている知人や友人がオススメされた事で考え直すことになりました。 私が日本で生活していた時は、夫婦で家事分担をしていたものの仕事が忙しく大変だと感じることが多かったです。ですが、家事を人に頼むことは決してありませ
  • interview (1)
    わたしの夫は典型的な家事ベタ夫です。家事分担については結婚初日から悩みのタネでした。今回はそんな夫に、家事についてインタビューをすることにしました。 というのも、話し合いのときは不満がたまり感情的になっていることもあり、ついついわたしが一方的に直してほしい点を伝えて、夫がしぶしぶ折れる、というパターンが多いからです。 家事のコラムを仕事として貰っ
  • 画像5
    わたしが家事をしていて一番燃えるのが、「限界」があるとき。 たとえば洗濯バサミの数。明らかに洗濯物の量が多いと、何が何でもかけきってやるぜ!と、燃えます。 また、スカスカな冷蔵庫。買い物に行かずに夕飯作ってやるぜ!と、燃えます。 そんなかんじで日々炎上しているわたしですが、とくに燃えるのが、洋服ダンスの収納です。決められた大きさのBOXに、
  • 家族
    最近、ワンオペ育児という言葉がニュースで取り上げられました。 わたしはまだ子供がいませんが、この2年間の結婚生活を振り返ったときに、「決して他人事ではないな」と思ったので、そのことをコラムにしました。 2 ワンオペって? ワンオペという言葉は、以前 深夜の飲食店でアルバイトスタッフが一人で店をまわしていたことがニュースとなったときに、有名に
  • 画像10
    個人的にめんどくさい家事ナンバー1の、食器洗い。おなかいっぱいになると、家事なんてする気が起きませんよねー。 だからこそ色々工夫を重ねてきました。 今回は、食器洗いをなるべくラクちんにするために、普段やっていることをまとめてご紹介しますね。
  • ハンガー
    友人の家事を見て「へぇ〜〜」となること、けっこうありますよね! 育ってきた家庭が違うからか、時には自分の常識を壊してくれるようなものもあったりしてとても参考になるので、人の家事のやり方を知るのが大好きなわたしです。 今回は、そんな友人から学んだ家事テクをご紹介します。テレビで紹介されるような突拍子もないテクニックではなく、どれも身近なものばかりで
  • カップルの足元
    共働き夫婦の家事分担問題って、悩ましいですよね。 わたしも新婚のとき、友人に相談しまくっていたことがあります。 アドバイスとして多かったのは、「旦那は妻が育てなきゃ! 男はいつまでたってもコドモだからね〜!」というもの。 "子育て" ならぬ "夫育て" 。何人かに言われたので、こんな考えの女性は少なくないようで…。でも、わたしはこのアドバイ
  • pose_sugoi_okoru_woman
    専業主婦の1日は、家族に朝食を食べさせ、忘れ物のないよう、遅刻のないよう、出勤、或いは登校させるところから始まります。その後は自分の段取りで洗濯や掃除、炊事などの家事をこなして行くわけですが、家族の帰宅時間は常に気にしています。そして家族の帰宅後は予定通りに夕飯や入浴を済ませ滞りなく1日を終えられるように、快適に家での時間を過ごせるように、先を読んで、あくま
  • time_woman3_yuu
    世の中の大半の方が家事を苦だと思っているかと思います。結婚してすぐは新婚生活が楽しくて、家事の大変さなど気にならない夫婦も多いでしょうが、少しずつどちらか一方に家事の負担が重くのしかかってくるというのが一般的ではないかと思います。その場合、やはり奥さんの負担が大きくなることが多いはずです。 私は友人から「家事分担ルールを曖昧にしてたら、結局いつのまにか
  • magnifier4_woman
    とにかく忙しくて、朝は7時半に家をでるのですが、帰宅が深夜になることも多々。加えて出張も頻繁にある仕事なので、正直、ハウスキーピングにかける時間は少なくなりがちです。休日にまとめて家事をすることもありますが、休みの日はできればゆっくりしたいし、あるいは気分転換に外出してしまうことも。 そんなこともあって家事代行サービスの利用を検討しはじめたのです。
  • couple_baby_dakko
    私たち主婦は、家事をすることが仕事として成り立っています。 しかし、家事にはお給料が発生しません。そして何より大変なのが、“365日休みなく働かなければならない”ことです。24時間休みなく仕事をしなければならないので、“休んだ”という実感もわきません。夫が休日でも、炊事、洗濯、買い出し…としなければならないことが山積みです。 そんなとき「夫にも手
  • pack_face
    Contents1 家事コラムとは2 筆者プロフィール紹介3 家事をしながらのお ...
  • sentaku_kago
    今回は、新米主婦のわたしが日常生活で実践している洗濯手順をご紹介します。実はわたくし、独身時代は家事に無頓着で、とくに洗濯においては数々の失敗を重ねてきました。 そんな恥ずかしい失敗談も交えたいと思いますので、洗濯が苦手な主婦(夫)の方や、独身の方の参考になれば幸いです。
  • couple_man_woman
    そもそも気の合う者同士が結婚するのですから、きっと2人の考え方は似ているのでしょう。 結婚後に直面してビックリすることというのは、もっと基本的な部分、「当たり前」とか「無意識」とかいうレベルのことや、お金に関する部分、「何にお金をかけるか」「いくらまでかけられるか」に表れるのだと考えます。奥様が節約できないとか、ご主人の趣味の出費が半端じゃないとか、シャワ
  • bar_couple
    家事の分担について、奥さんや旦那さんと話しをすることがありますか? 結婚当初に話し合って分担を決めたとしても、仕事の忙しさなどで状況がどんどん変わるため、そのたびに分担について話し合う機会ってなかなか無いです。 状況の変化を見て「これは自分がやるようにしよう」といったふうに、お互い調整をすることはあると思いますが、今の分担が本当に両方が納得してい
  • block_asobi_boy
    まだ幼い子どもに家事のお手伝いをさせるのは、物の名前や言葉の意味を教えるためという感が大いにあると思います。子どもが成長するに従って、お手伝いは躾にもなりますし知恵や段取り力を身に付けさせてもくれる、本当に大切なことだと考えます。 そこで私はたくさんお手伝いをさせました。子どもが歩けるようになった頃には、ティッシュペーパーやタオルなど、落としても壊れに
  • おみそしる
    そんなわたしですので、今回は「こうすれば最高に美味しい味噌汁が作れる!」とか「こんな食材を使えばいつもの味噌汁が大変身!」とか そういう上級者向けの知識はお話できません。わたしのような新米主婦の方や、料理に苦手意識がある方、味噌汁くらいは気軽にパパッと作りたいと思っている独身の方などのお役に立てればと思っています。 邪道かもしれませんが、わたしの
  • oosouji_yukafuki (1)
    床と壁は、家の中で一番大きい割合を占める部分です。ところが、インテリアの「土台」・「背景」として、常にきれいで目立たないのが当たり前と思われがち。 でも、床や壁が、部屋の「土台」・「背景」に徹しインテリアを引き立てることが出来るのは、きちんとメンテナンスが保たれ、汚れなどの欠点が目立たないからこそとも言えるのでは? 床や壁をきれいに保つのコツをご
  • souji_ofuro (1)
    浴室もまた、汚れの激しい箇所です。衣類が濡れてしまうので掃除は億劫ですし、だからといってちょっと手を抜けば、すぐにカビが広がってしまう厄介な場所。 そんな浴室のメンテナンスを少しでも簡単にするための最高のコツは、「こまめな掃除」です。汚れが溜まる前に掃除をすることになるので、大掛かりなカビ取り作業も無縁、毎回の掃除はサッと済んでしまいます。 出来
  • school_sansyamendan
    靴底に付いて土や砂が玄関に運ばれて来ます。掃除機、またはホウキとチリトリを使ってそれらを取り除きます。よく、畳掃除にホウキとお茶がらを使うといいますが、玄関掃除の場合も同様、半乾きのお茶がらをまき散らして細かな汚れを吸着させながら、ホウキで掃き出していくとよいでしょう。そうすることで、舞い上がるホコリを最小限に抑えることが出来ます。 お茶がらの代わりに
  • 家事コラムとは 家事コラムは、日常の家事に関する個人の考え方・価値観やちょっとし ...
  • busy_syufu_man
    わたしが食材の管理をしているので、できれば夫には日用品の管理をしてほしいと常々思っています。日用品とは、具体的には 洗濯用洗剤やトイレットペーパー、三角コーナーの袋などの 生活における消耗品のことです。我が家では、月に一度 リストを作ってドラッグストアで買い出ししています。 そのリスト作りと、買い出しと、買ってきたものを所定の位置に置く というところま
  • 世の共働きで子供なしの夫婦は、どのように家事の分担をしているんでしょうか。 新婚当時は家事に幸せを感じていても、感謝の言葉がないと徐々に不満を感じ始めて、夫婦げんかの原因になりかねません。家事は半々に分担してほしい、少しでいいから感謝してほしいなど、ご夫婦によって状況は様々でしょう。今回は、共働き子なしの家事分担の実情や、家事負担を減らす方法についてご
  • souji_ofuro
    さて今回、書かせて頂く内容は誰でも悩まされるカビ予防の話にしました。 浴室はおうちの中でも、ちょっと気を抜くとカビが生えやすい場所です。特に梅雨など湿度の高い時期は、カビに悩む人も多いのではないでしょうか?そんな人のために、あまり手間をかけないで浴室のカビを防ぐ方法をご紹介します。
  • IMG_0983
    世の中には、家事が得意でプロ並みの腕前、という人もいるけれど、私は特別得意というわけではありませんでした。 20代前半からひとり暮らしをしていたため、必要にかられてやっていましたが、実家にいた頃はまったく何もしなかったし、若いしひとりだし、やらなくても誰かに文句を言われるわけでもないし、適当でした。 自炊は週に1回くらい、掃除もさっと掃除機をかける程
  • picnic_shiba_family_girl
    私は、家事代行というとどうしてもお金持ちの人が利用するものだというイメージがありました。 例えば、ご飯を作る時間がないのであればお弁当を買うか外食にしますし、掃除や洗濯をする時間がないのであれば「明日でいっか」と思ってしまいます。なかなかお金を払って誰かに家事を頼むという考えにはなりませんでした。 そんな家事代行サービス。利用してみたいか、どんな
  • cooking_papa
    みなさんは夫婦間での家事の分担はどうしていますか。共働きであればもちろん、どちらかが専業主婦(主夫)の場合でも、土日含めて家事を全て任せていいわけではありませんよね。 ちゃんと分担出来ているでしょうか?かくいう私はお世辞にも分担出来ているとは思えない状況です。
  • cooking_ryouri_oyako
    私は35歳で結婚し、それまでバリバリと仕事をやって来てたのですが、結婚後は10年ちょっと専業主婦でした。子どもは男女一人で、現在は子育てが一段落したので社会復帰して仕事と家事を両立させています。 今回は私の料理に関する価値観の移り変わりを思うままに書こうと思います。
  • 残業 女性
    わたしは東北のド田舎に住む主婦です。20代後半、結婚してもうすぐ3年目になります。 わたしは家事代行サービスを使ったことはありませんが、日常の中で、よく利用する妄想をしています。よって今回は、そんな主婦が考える、家事代行サービスを使ってみたいと思う時ベスト10をご紹介しながら、「家事代行サービスとは何ぞや」を考えていきたいと思います。
  • 突然彼女が泣き出して困り果てた彼
    そんなわたしが結婚して夫と一緒に住み始めたとき、はじめに思ったのは「わたしの生活って、おかしくないかな?」ということでした。 食べるもの、洗濯の仕方、掃除する頻度——自分だけの世界で、自分が良ければそれでいい生活を続けていたわたしにとって、「主人」という自分以外の目を強く意識してしまうのは、当然のことでした。主人の目を気にし過ぎた結果、わたしは「見栄を
  • 三世代家族
    旬のお野菜は買うのものではなく、ご近所さんからもらうもの、というのが常識。じゃがいもや大根、にんじん、きゅうりなどのベーシックなお野菜なら、箱でもらったこともあります。おそらくそういう人がご近所に配り歩くので、田舎ではお野菜を頻繁にもらうのだと思います。
  • syufu_osaraarai
    家事には様々な作業がありますが、中でも台所のメンテナンスは比重が高いものです。 台所は家の中心的設備であり使用頻度が高い分、汚れが付きやすい、モノが乱雑になりやすいなど、管理に手間が掛かります。掃除に至っては、ホコリだけでなく油汚れやカビ対策まで必要です。 何かと忙しくて台所のメンテナンスに多くの時間を割けない人は多いと思いますが、それでも、一通
  • 冷蔵庫
    わたしが最も嫌いな家事、それは「料理」です。 思うに、料理のむずかしいところは、出来て普通と言われるところ。世の中には、TVの某キッチンコーナーで得意げに料理をする男性芸能人がもてはやされる一方で、一般人にもかかわらず「得意料理は何ですか?」という質問をされたりもします。 料理は出来て普通で、ちょっと自信のあるレパートリーは誰でも2〜3あるもの、
  • おそらく家事がちゃんと平成になっているお宅に比べると、とにかく効率が悪いと思います。 お金の無さを、手間と時間で補っている事実は甘んじて受け入れているつもりですが、とくにそれを感じるのが「洗濯物干し」です。 ご想像のとおり、我が家には乾燥機がありません。濡れた洗濯物は、わたしの手で部屋干しし、これまたわたしの手で取り込みます。 わたしが
家事代行・家政婦サービスはピナイへ