家事代行どっとこむ【徹底比較】

家事代行・家政婦に関するニュース最新情報をまとめた情報ポータルサイト

家事コラムとは

家事コラムは、日常の家事に関する個人の考え方・価値観やちょっとしたアイデア等をコラム形式でご紹介していきます。家事代行サービスについての利用有無を含めて、個人の感想としてご参考に頂ければ幸いです。

筆者プロフィール紹介

わたしは東北のド田舎に住む主婦です。20代後半、結婚してもうすぐ3年目になります。

おそらく我が家の家事の近代化は、平成と昭和のあいだでストップしています。それは、田舎ののんびりとした風土と、若い夫婦なのでまだ家電にお金をかける余裕がないのも一因なのですが、うちにあるメカ的な家事代行機器は、洗濯機、冷蔵庫、オーブンレンジ、掃除機のみ。

仕事に家事に育児にと、バタバタしつつも充実した日々を過ごされている主婦のみなさん。家族のことに時間を使うばかりで、自分のことはついつい後回しになっていませんか? 美容室やネイル、エステなど、独身時代のように自由に行くことはできませんよね。

pack_face

家事をしながらのお手軽美容

今回はそんな皆さんにオススメの、『ながら美容』をご紹介します。美容に自由に時間を割けないのなら、家事をしながら日常生活に取り入れてしまいましょう!

<食器洗いでハンドケア>

水仕事は、手荒れの原因になる、やっかいな家事ですよね。とくに洗剤は手を乾燥させるので、出来ることならやりたくないのが本音…。

けれど、そんな困った家事の時間も、ちょっとした工夫で『ながら美容』の時間に変えることが出来るのです。方法は以下のとおり。

  1. 手全体に化粧水をつける
  2. ハンドクリームを多めにつける
  3. ゴム手袋をする
  4. できれば熱いお湯で食器洗いをする

食器洗い

ゴム手袋でパックされた上に、熱湯によってスチーム状態になるため、保湿効果バツグン。手袋を外す頃には、カサカサの手がしっとりぷりぷりになっていますよ。

ポイントは、クリームの前に化粧水をつけること。顔で考えていただけると分かりやすいと思うのですが、洗顔後にいきなりクリームは塗りませんよね。

手も一緒で、乾燥した肌には まず水分を補給し、クリームの油分でそれにフタをするイメージになります。さらに言えば、爪や甘皮部分にネイル専用オイルを塗ると完璧です。寒い季節はとくに乾燥がひどいので、ささくれなどの手のトラブルを防ぐことにもつながりますよ。

掃除しながらマスクパック

掃除するときにマスクは必需品ですよね。これは、それを利用した『ながら美容』になります。

やり方は簡単。すっぴんに、お手持ちの乳液をた〜っぷり塗って、マスクをつけるだけ。自分の息がスチーム代わりになり、マスクの中が高湿度に保たれるので、自家製保湿パックが完成するんです。マスクをしてただ掃除をしているだけで、自分の呼吸で肌ケアができるなんて面白いですよね。

掃除が終わったら、お部屋はきれいに、お肌はぷるぷるとやわらかくなっていますので、まさに一石二鳥ですよ。

唇の荒れが気になる方は、リップクリームを塗った唇に小さく切ったラップを乗せて、その上からマスクをするのもオススメです。(ちょっと苦しいですが…)

マスク

夕食を作りながらヘアケア

夕方帰宅して、今日はもう家から一歩も出ないぞ、というときにオススメしたい『ながら美容』はこちら。方法は、毛先にたっぷりとヘアオイルをつける。

これだけです。髪に長さのある方はそのままだと体や洋服に油分が移ってしまうので、まとめ髪にするのがおすすめです。

女性の髪は、年齢を重ねるごとにパサパサと乾燥して広がりがちになりますよね。それは、加齢により髪の脂質が減ってしまうのと、髪の表面を覆いツヤを保つ働きのあるキューティクルが、その機能を十分に果たせなくなっていくことが原因だといわれています。

髪には自己修復能力がありませんので、一度生えてきた髪は大切にケアしなければなりません。それに欠かせないのは、ほどよい油分です。

その油分をお手軽に補給できるのはもちろんヘアオイルですが、それって洗髪後につけるものじゃないの? というイメージの方もいるかもしれませんね。

結論から言うと、洗髪前でも問題ありません。洗髪後だとそれから外に出なければならないので、オイルをつけすぎてベトベトになるのが怖くて少量しかつけられなかったりする一方で、洗髪前ならそんな心配はご無用。「ちょっと多すぎるかな?」ぐらいつけても、どうせお風呂で流すので問題ありません。オイルは髪にとって栄養、肌でいう美容液です。夕方の家事をしながらの放置型ヘアケア、いかがですか?

美容

つま先立ち掃除機かけ

家中を歩き回る掃除機がけだからこそ、何か『ながら美容』に利用したいですよね。そこでオススメしたいのが、つま先立ちで掃除機がけをすることで出来るフットケアです。

ポイントは、つま先がきちんと進行方向を向くのを意識すること。そうすると、ふくらはぎや内太ももなど、本当にシェイプアップして欲しい部分に効果が出ます。

これは掃除機がけだけでなく、いろいろな家事のシーンで応用できます。食器洗い、洗濯物干しなど、立ち仕事の際には自分に課題を出すように"つま先立ち"を導入することで、まるでハイヒールを履いているように日々を過ごすことができます。

ハイヒールを綺麗にはける女性っていいですよね! 女性らしいアイテムですが、意外と全身の筋肉がついていなければ美しく履きこなせないので、日々のシェイプアップでふくらはぎと内太ももの筋肉をつけ、本物のハイヒールをカッコよく

履きこなせるといいですね。

ハイヒール

「ウイスキー」でフェイスリフトアップ

年々気になるお顔のほうれい線。その深さで見た目年齢が変わってしまうもの。そんなほうれい線の予防にもなる『ながら美容』は、大きな口で「ウイスキー」と言うこと。「ウ・イ・ス・キ・ー」と一語一語しっかり発音すると、頬のお肉が伸びたり縮んだりするのがわかりますか?

その動きがほうれい線予防に重要なのです。家事をしながら、お風呂の中で、仕事中こっそりと…。やれる場面はたくさんあると思いますので、「ウイスキー」が口ぐせになってしまうくらい、日常生活で挑戦してみてくださいね。

いかがでしたか? どれも特別な道具を使用しない美容法なので、今日からでも始められるものばかりですよね。

毎日のことで単調になりがちな家事も、今回ご紹介した『ながら美容』によって、みなさんが新鮮な気持ちで取り組めることを願っております。