家事代行どっとこむ【徹底比較】

家事代行・家政婦に関するニュース最新情報をまとめた情報ポータルサイト

【家事コラム】「ぶっちゃけ、家事についてどう思ってる?」家事ベタ夫にインタビューしてみました!

家事コラムとは

家事コラムは、日常の家事に関する個人の考え方・価値観やちょっとしたアイデア等をコラム形式でご紹介していきます。家事代行サービスについての利用有無を含めて、個人の感想としてご参考に頂ければ幸いです。

筆者プロフィール紹介

わたしは東北のド田舎に住む主婦です。20代後半、結婚してもうすぐ3年目になります。

おそらく我が家の家事の近代化は、平成と昭和のあいだでストップしています。それは、田舎ののんびりとした風土と、若い夫婦なのでまだ家電にお金をかける余裕がないのも一因なのですが、うちにあるメカ的な家事代行機器は、洗濯機、冷蔵庫、オーブンレンジ、掃除機のみ。

そして、数か月前にやっとオーブントースターを買ったくらいには、ほどよく昭和の香りが残る家庭となっております。

ダウンロード

1 きっかけ

わたしの夫は典型的な家事ベタ夫です。家事分担については結婚初日から悩みのタネでした。今回はそんな夫に、家事についてインタビューをすることにしました。

というのも、話し合いのときは不満がたまり感情的になっていることもあり、ついついわたしが一方的に直してほしい点を伝えて、夫がしぶしぶ折れる、というパターンが多いからです。

家事のコラムを仕事として貰った時に、「これをネタに本音を聞けるチャンス!」と思った次第です。

2 インタビュー

「いつもわたしの考え方ばかりぶつけていけど、夫は家事についてどう考えているんだろう?」 ふと、そんな疑問が浮かんだ次第であります。

軽い気持ちで始めたインタビューでしたが、思った以上に興味深い話を聞くことができました! 同じ家事ベタ夫をもつ主婦のみなさま、ぜひ読んで、うまい口実作って聞いてみてください。

interview (1)

(1)家庭内の家事に対する考え方

(わたし)それでは始めますね。正直に答えてください。

—家事は好きですか?

(夫)いいえ。

—得意ですか?

いいえ。

—いま、どんな家事をしていますか?

ゴミ捨て、食器洗い。

—結婚した頃は、どんな家事をしていましたか?

いま思うと、何もしてなかった。

—「いま思うと」というのは?

当時は、電球の取替えや新しい家具の組立、タイヤの交換とかを自分の家事だと勘違いしていた。

—では逆に、家事とは何ですか?

料理、洗濯、掃除、買い物とか…。毎日やらなきゃいけないことだと思う。

—毎日やることが家事だと、この3年で認識が変わったのですね。話は変わりますが、独身時代の家事はどんな風にしていましたか?

料理、洗濯とか、やらないと生活できないことはやってた。最低限だけど。掃除は気にならなかったのでほとんどやってないし。

—では、もっと遡って、子供時代はどんな家事をしていましたか?

風呂掃除をほぼ毎日。母親にやれって言われたから。それ以外は食事のあと自分の皿を流しに持っていくくらいかな。

—なるほど。では、両親の家事分担はどうでしたか? そしてその内容は?

う〜ん…。二人はずっと共働きだったけど、父:母=1:9かな。
内容はそれこそ自分が結婚当時、勘違いしていたみたいに、父親がたまにある雑務を担当して、母親が毎日の家事をしてた。

—両親の家事分担にはだいぶ偏りがあったみたいですね。当時は、「不平等だな」とは思いませんでしたか?さらにいま、妻(わたし)はモーレツに5:5を主張していますけど、それについては?

当時は不平等だと思わなかったし、いまも思ってない。それぞれの家庭に合うバランスならそれでいいと思う。
だからいま、自分の家庭が5:5になっても、なんとも思わない。「それがうちのバランスなんだな」と思うだけかな。

—よそはよそ、ウチはウチと。そうは言っても、ずっと1:9の両親を見てきて、正直それが"普通"だと感じる部分もあるのでは?

それはあるね。「毎日やること=女の人の仕事、突発的なこと=男の人の仕事」というのは、ある程度刷り込みされてる部分があるし、
それが理想の家庭のイメージにもなってると思う。だから、正直、理想と現実のギャップはある。

—根本的な質問をしますね。どうして家事を嫌いなの?

う〜ん…。むずかしい質問だけど、たぶん「人に合わせるから」かな。

—「人に合わせる」?

うん。家事は毎日することだけど、おれ個人は毎日掃除しなくてもいいし、料理も毎日きちんとしてなくてもいい。
洗濯も着るモノがなくなったらすればいいと思うけど、誰かと暮らしてればそんなこと言ってられない。それがめんどくさいのかな、と。

—じゃあ、自由な独身時代の家事はそんなに嫌じゃなかった?

いま思えばそうかも。必要にせまられてやる家事は、「やらなきゃ」と思うから、そんなに苦痛じゃなかったな。

(2)妻(わたし)への評価

—ずばり、わたし(妻)の家事は点数にすると何点?

100点。料理も洗濯も、毎日一生懸命やってると思う。

—不満はないんですか? 1:9の家庭が理想のあなたに、5:5を要求しますよね。

疑問はあった。「なんで…?」みたいな。でも今はない。それは、おれも変わったし、妻も変わったからだと思う。
最初は、「これとこれはあんたの仕事だからやりなさいよ!」って強制感が強くて、気持ち的にイヤだった。
でも今は、担当は決まっているけど、境目がゆるくなったというか。「手伝うよ〜」とか、忘れてたら自然とカバーしてくれたりとかがあって、やりやすい。

—なるほど。では、もしもわたしが「今日から1:9でいいよー」と言ったら、そうする?

しないかな。5:5に慣れてきたから。

—家事をするのが楽しくなってきた?

いや、それはないけど、自分の家事分担を"仕事"だと思うようになってきた。前は"雑務"もしくは"手伝い"だったけど、今は責任感もってやれてるから、これはこれでいい。

(3)今後、子どもができたら…

—では、最後に未来の話をしましょう。わたしたち夫婦にも子どもができるかもしれませんね。つまり、育児という家の仕事が増えるわけです。
 妊娠、出産、成長の過程で、我が家の家事はどう変わると思いますか?

まったく想像できません。

—まったく?

はい。
妄想はできるけど、想像はできない。妄想では抱っこしたり、おしめを替えたりしてる自分が見えるけど、具体的に自分の役割とか変化とか、まったく想像できない。

—想像はできないけど、自分の家事は増えるだろうってこと?

…たぶん…。

—…たぶん…。

……。

—……。

……。

pose_nigawarai_woman

<完>

3 感想とまとめ

インタビューしてみての感想は、夫は夫なりに、いろいろ考えているんだなぁ…と。

特に、「電球交換は家事だ(だから俺は家事をがんばっている)」という考えをあらためていたのが、うれしかったです。

また、家事分担についても、わたし(妻)の威圧的な態度が不快だった、とハッキリ言っていたので、やはりストレスをかけて夫を育てることは良くないな、と反省しました。

一方で、残念ながら驚いてしまったこともあります。

・身近な男女の不平等に鈍感

・家事を"仕事"と考えた夫に驚き

・ライフステージへの対応力が低い(これだけはちょっと心配)

子供のころに身につけた価値観というのは、根が深いのだな…と。

夫の場合は、両親の家事分担にかたよりがあり、家族のライフステージに対応するのは母親だけ、という家庭だったので、それとはちがう価値観を自分の中に築きづらかったのだろうと思います。

正直にいうと、夫がそんなんでは家族が増えたときにわたしが困る! と思って、うるさいくらい変化を要求してきました。

今回のインタビューでは、それらがちゃんと伝わっていることや、夫が少しずつ変わってきていることがわかったので、前よりも子供をもつことに対して前向きになれた気がします。2人の未来のために、これからも夫と試行錯誤していこうと思います。

akachan_family

2017/04/10