家事代行どっとこむ【徹底比較】

家事代行・家政婦に関するニュース最新情報をまとめた情報ポータルサイト

家事代行を利用するメリットとデメリット

家事代行は、共働き夫婦やお子さんが小さい家庭、健康面や高齢によって家事が十分に出来ない場合などさまざまなニーズを解決してくれるサービスです。一方で他人が家に上がって作業をすることでトラブルが起きる場合があります。ここでは、家事を代行会社に依頼することによるメリットとデメリットについて紹介します。

bsEV185141450

家事代行サービスを利用するメリット

家事代行サービスのメリットを以下に列挙します。

・清掃に充てていた時間が自由になる
・夫婦の家事分担ストレスが開放される
・(子どもがいる場合)他人とのコミュニケーションがとれる
・(主に一人暮らしの場合)不在時に清掃して貰える
・自分で掃除出来ない場所を清掃して貰える
・料理の作り置き・下ごしらえで時短できる
・どうしても仕事が忙しい時に子どもの送迎を代行して貰える

清掃に充てていた時間が自由になる

「時間をお金で買う」という表現は、ネガティブに捉えられがちですが、家庭事情によって自由な時間は何にも替え難いものがあります。また、その自由な時間について”家事の時間”に対して”子どもと触れ合う時間”や”勉強する時間”など、人生に張りが出るための活動に置き換える事も出来きます。一概に富裕層(お金もち)の贅沢で終わらせるのは早計と言えます。

夫婦の家事分担ストレスが開放される

家事を分担する時、最もストレスになりやすいのが共働き夫婦の家庭です。仕事の責任の違いはあるかもしれませんが、それに家事を置き換えて分担できている家庭は少ないようです。少なからず自分は相手よりも家事を担当していると認識するようです(自己中心バイアス)

共働きであれば、家事の価値を(感覚値でも)計算出来るため、外注した時に開放されるストレスを考えて、試してみるのも策の一つといえます。

参考:【コラム】共働き夫婦の家事分担のすれ違いや価値観の違い

(子どもがいる場合)他人とコミュニケーションがとれる

子どもが幼い家庭では、母親・母の両親といった限定的なコミュニケーションしか取れない場合があります。保育園・幼稚園までに他人と接する機会はその後の対人コミュニケーションの能力にも影響するため交流は広くて損は無いです。

特に一人目の場合は家事代行は勉強の側面もあります。従事するスタッフは40代〜60代の女性が多いため家事スキルは盗めるものなら盗んでおくと、家事代行を頼まなくなっても知識として残るものがあります。もちろん、子どもの世話や、育児のストレスを聞いてくれる相手としても最適です。

家事代行サービスを利用するデメリット

上記のように家事代行サービスの利用には様々なメリットがある一方で、デメリットも存在しています。代表的なデメリットとしては、下記が挙げられます。

・家事に費用がかかる
・他人が家に入り作業する
・代行会社によってサービスのバラつきがある
・家事をしなくなる(子どもの教育に影響)

家事に費用がかかる

当然のことですが、サービスにはお金がかかります。時間があれば別ですが、家事する時間とスキルと気持ちがあればサービスを享受する必要はありません。”お金”か”必要”がある方に家事代行サービスはあります。第三者からすれば贅沢と称される理由は、家事に対して時間とスキルと気持ちがある方による攻撃と見て良いでしょう。
参考:【コラム】家事が出来たら苦労しない

他人が家に入り作業する

心理的な抵抗として、まったくの他人を家に招くことがあげられます。これは育った環境や価値観に併せて、家事を任せる文化が一般的に認知されていない事が要因にあります。

効率的主義的に考えれば家事代行サービスを利用しても良いのに、プライベートな空間に人が入るのを想像できない。という方は潜在的にいらっしゃいます。

これは人の心の部分なので、なんともしようがありませんが、利用してみて「家事のプロ」を目の当たりにすれば考えも変わっていくはずです。

代行会社によってサービスのバラつきがある

ひとくちに家事と言っても、代行会社の教育や当人の持つホスピタリティでサービスは雲泥の差を産みます。「事務的に言われた指示に従い時間内に終わらせる方」と「家庭の幸せを思い、キレイになった事を喜んでもらいたいと考える方」は会社次第と言っても過言では無いと思います。

しっかりと教育する費用と時間をかけている会社は、スタッフのモチベーションを高く維持できるように工夫が施されています。