家事代行どっとこむ【徹底比較】

家事代行・家政婦に関するニュース最新情報をまとめた情報ポータルサイト

【ダラ奥コラム】家事が出来たら苦労しない

家事は毎日しなければなりません。なので、無駄をなくして効率よく行きたいものです。家事の時間を短縮することが出来れば空いた時間で好きなことが出来ます。

効率良く料理を行う方法

料理の効率を上げるためには、準備をまとめる事が重要です。

・買い物は一週間まとめて
・休日に下ごしらえしておく
・食材は事前に洗っておく
・圧力鍋を使う
・ねぎやキャベツはまとめて切っておく

洗濯の時短

・洗濯機に入れる前に仕分けておく
・汚れが落ちにくい時は直接洗剤をつけて
・おしゃれ着は別にするルールを家族に徹底する

時には家事代行サービスも必要です。

時短の方法として、家事代行も時短の一つです。
ライフスタイル合わせて活用したら充実した毎日を送れます。

という手順の記事は、各家事代行サービスでは大抵1ページあります。

家事が出来たら苦労しない

現実は、とにかく“いかに手を抜くか”と方も多いのでは無いでしょうか。子どもの世話で疲れた、仕事詰めで帰宅が遅い、体調が悪い、家事に頭を使いたくない、などなど理由は様々です。

筆者は子育て中の母親の実体験を聞く中で実際のホンネを頂きましたので、参考になるとは思えませんが参考に頂ければと存じます。

現実はダラ家事

料理編

子どもがまだ小さい家庭は、食事を作り分け、栄養を考え、旦那(妻)の料理も考え…とにかく手間がかかります。自分が食事するタイミングを逃すほど大変なもんで、どっかで手抜きしますよね。(します)
旦那(妻)から、同じ料理のローテーションと指摘を貰う事は多いです。「じゃあ自分でやってみろ」という声を圧し殺し、一品くらい作るのが楽そうな料理を探してみるのも良いかもしれません。

現実的にやってるダラ料理

・外食(子ども)
・冷凍食品
・調理器具を使わない(レトルト・シリアル等)
・麺類(焼きそばの具はカット済みを利用するなど)

現実的にやってる洗濯

その前に、まずは耐久性のある洋服選びからです。
一張羅は別にして、日常のローテーションに組み込む洋服は汎用性の高い色と柄、自身のキャラに合った物を選び、さらに子どもがいる場合はミートソースの爆撃を受けても寛容的に対処出来るような服が理想的です。

洗濯に関して、実は前述の時短術とさほど変わりません。洗濯した洋服がどの程度で消化されるかで洗濯する頻度が変わるだけです。
手間なので週一が理想ですが家族が多い場合、週2回、3回と変わっていきます。ドラム式の洗濯機はカッコいいですが容量と汚れを落す性能が心配なので、結果的に縦型安定です。

洗濯のタイミング
・子どもの機嫌が良い時
・確実に忙しい日から逆算して着れる服があるように洗濯(夜間)
・久しぶりに1時間早く上がれた時に洗濯
・洋服ローテーションのタイミング

最後には家事代行をオススメします

家事が自己流過ぎて他人に任せるなんて考えられない。と思う方も多いですが、恥ずかしいでしょうが一回だけでも試して欲しいです。

と言うのも、生活の知恵って一人二人だと限界がある上に、生きてる以上は永遠に続くんです。
他人が介在して刺激を受けないと良くなりません。ダラ家事でも良いですけど、現状に満足していないのであれば何かを変えねばなりません。
それが何なのかは、自分で見つけるまで待つより、他人に聞いたほうが早いのでは無いでしょうか。最後は抽象的な表現になりましたが、検討頂ければ幸いです。

家事代行どっとこむ編集部 鈴木

2016/09/08